2017年6月28日水曜日

今月は(3)

誰しもが抱える『精神的疲労』。

それを解消させる方法として、
平たく言えば、「気晴らし」「憂さ晴らし」の手段として
考えられるものの一つに

『酒』

がある。

とても身近にあり、しかも手軽。
確かにストレス発散になるし、私も好きだ。

だが『酒』の場合、難しいのが「呑み方」。
最低限、次の条件が必要となる。

①気の合う仲間と
②気の置けぬ場所で
③あくまで適量をたしなむ

①、②については、くどくど説明するまでもなかろう。
そうでない状況に身を置いてしまった時の辛さは、
誰もが経験している事と思う。

そして一番問題なのが、「適量」だ。

自分の場合、酒を適量に抑えるという行為は、
「世界から戦争を無くす」くらいに、とても難しい。
呑み過ぎた挙句、身体に更なる負担をかけてしまい、
結局は逆効果、なんて事はしょっちゅうだ。

落語でお馴染みのフレーズ、男の三道楽「呑む、打つ、買う」の内、
今は『呑む』の話をしたので、ついでに他の二つを見てみると、

打つ=博打、買う=女遊び

この二つで精神的な疲労を解消するなど、まず無理。

大体、お金がかかり過ぎ。
これらをする事で精神的疲労を取り除くどころか、
むしろ、その原因になる場合の方が、圧倒的に多い(続)。


2017年6月27日火曜日

今月は(2)

精神的な疲れ、
いわゆる『気疲れ』を解消させるのは本当に難しい。

昨今、介護疲れが引き起こす、悲しく痛ましい事件を
ニュースで見聞きする事が多い。
この介護による疲れは、肉体的な疲れは勿論だが、
精神的な疲労が、かなり大きいと思う。

今月初めに父親が入院して以来、この事を痛感した。

自分などは、恥ずかしながら、まだ一と月も経っておらず、
しかも病院の面会時間の中の3、4時間ほどしか
付き添っていないにも拘わらず、日に日に気持ちに
ゆとりが無くなっていく自分を実感させられた。

もしこれが四六時中、しかも何年も続くのであれば、
精神が参ってしまうのは、無理はないと思った。

これは介護だけでなく、他の人間関係、つまり家族や職場、
学校、或いは近所付き合いなどでも同様の事が言えると思う。

対人関係が引き起こす精神的なストレスで悩んでいない人など、
年齢、性別、職業を問わず、一人もいないと言っていいだろう。

事ほど左様に我々を苦しめる精神的な疲れ、
気疲れを解消する方法はないのだろうか?

次回はその事について考えてみたいと思いますので、
よかったら引き続き、お付き合い下さい(続)


2017年6月26日月曜日

今月は(1)

疲れた〜。

と言っても、その原因は誰もが経験する事が
ついに自分に回って来ただけなので、仕方がない
(因みに家族に不幸があった訳ではありません。念の為)。

ヘトヘトになりながら、我が身で感じた事を書いてみたい。
少し長くなりますので、興味のない方は読み飛ばして下さい。

疲れには、大きく分けて、二種類ある。

『肉体的疲れ』と『精神的疲れ』だ。

勿論、これは別個にあるものではなく、
それぞれ、互いに絡み合い、作用し合っている。

肉体が疲れれば、気持ちも疲れるし、
精神の疲労が、体にも影響する。

ところが、
肉体的な疲労は休息さえ取れば、かなり回復するのだが、
精神的な疲れというものは、なかなか取る事が難しい。
肉体の様に、休めば回復するというものでないから
かなり厄介だ(続)。


2017年6月25日日曜日

ようやく

梅雨らしくなってきましたね。

鬱陶しいですが、
この時期本来の天候なので、
まぁ仕方なしです。

あと、昨日のやつの
記録更新は成らず、でした。

あんな事言いましたが、
本当は、ホッとしてます。

2017年6月24日土曜日

今日は

オリオールズ 5−15 レイズ。
  
これで「20試合連続で5失点以上」で、
「93年振り」の記録だそうです...。

いっその事、
記録更新して頂きたいものですね。

2017年6月23日金曜日

昨日、

一昨日と、
ブレイディ日本に来てたんだ。

ちっとも知らなかった。

NFLの歴史に残るQBですよ。
もう少し話題になってもいいんじゃないかい。

2017年6月22日木曜日

拝啓、真由子様

私は、貴女に同情する。

何故、国会議員になどなってしまったのか?

「このハゲーー!!」

「死ねーー!!」

そう罵りながら、殴ったり蹴ったりする
貴女の言動は、一部マニアには堪らないハズだ。

すぐに、ご自身のスキルを活かせる環境に
身を置くべきだ。

若干、ご面相がネックになりそうな感じもするが、
それとて、世の中には必ずゲテモノ好きがいるから、
心配ない。大丈夫だ。

何より、貴女はまだ若い。
己の天職を知り、転職しても遅くない。

その方が、貴女も、
そして何より国民も幸せになれる。